移動平均線は20MA?200MA?本当に使えるテクニック

2023年1月26日

どうもポンズです!みなさんトレードライフはいかがお過ごしでしょうか?

今回は有名どころの移動平均線についてご紹介します。移動平均線というインジケーターってよくに耳にしますよね。

誰しもが使用したことのあるインジケーターで、様々な手法や解説がされていると思います。

ネット上で検索するとたくさんありすぎて、どの使い方が有効的なのかよくわからない人が多いのではないでしょうか。

この記事では僕の移動平均線の使い方も含めて詳しくご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください!

この記事の信頼性
Young man working towards the desk.
  • 現役FXトレーダー5年目
  • 平均勝率:65%~75%、PF:1.5~1.9
  • 手法:ADXと移動平均線のトレンド順張り
  • 24歳引きこもりニートトレーダー

FX移動平均線とは

移動平均線ってどんなインジケーターか知っていますか?軽い基本情報から見ていきましょう(^▽^)/

特徴一定期間の価格から平均値を割り出し、グラフで表したもの
計算式(直近の終値+(N-1)本目の終値)÷N
具体的な手法ゴールデンクロス手法、MAタッチ手法

移動平均線がおすすめの人

移動平均線を使うとトレードレベルが上がる人はどんな人なのでしょうか。僕が思うに以下の人は使うといいんじゃないかなと思います。

  • 投資初心者でチャートの見方わからない人
  • ポジポジ病のせいで勝てていない人
  • 短期トレーダーの人

当てはまる人いましたか?ではなぜこの人たちにおすすめなのか詳しく見ていきましょう(*^^)v

投資初心者でチャートの見方がわからない人

投資初心者の方は絶対に必須というわけではありませんが、入れておいたほうが相場の方向性をつかむことができるためおすすめです。

使い方としてはろうそく足が移動平均線の上か下かを判断し、移動平均線よりろうそく足が上の時はどのようなチャート形状をしているのか、下の時はどうか、横ばいの時はどのような動きかを観察してください。

ここで重要なのはチャート形状にある一定のパターンが見えてくることです。時期や通貨などによって形成されるチャートには特徴があるのでひたすらメモりましょう!

ポジポジ病のせいで勝率が悪い人

みなさんポジポジ病というトレーダー特有の病気をご存じですか?

絶賛ポジポジ病の人は試してほしいのですが、移動平均線を参考にエントリーを絞るというやり方です。

具体的にはろうそく足が移動平均線より上の場合は上昇トレンドのため買いエントリーしかしないということです。

同様に、ろうそく足が移動平均線より下の場合は下降トレンドのため、売りエントリーしかしません

ポジポジ病の人の特徴として相場に対して全ての場所でエントリーしようとするんですよね。

エントリーポイントを血眼になって探して根拠の弱いところでエントリーして負けるというパターンが多いです。

そして損切りできず…破産みたいな、トレーダーあるあるです。

この話を聞いて心当たりがある人はまずエントリーを減らし精度を高める必要があります。そのための移動平均線ですね。

実際僕もこのやり方を意識してから制度がよくなり、勝率が上がっています。騙されたと思って試してみてください!

短期トレードで投資をしている人

短期トレーダーというのはデイトレーダーやスキャルパーの方々のことですね。

1分、5分、15分足をメインにトレードしてる人は移動平均線を使うと瞬時に相場の方向性を見極められることができるためおすすめです

特に多くの通貨を監視している人は入れると良いです。

短期足の場合は相場が目まぐるしく動いていくため瞬時の状況判断が必要になります。その補助として移動平均線を使うということですね。

僕も現在は14通貨監視しているので、移動平均線は欠かせないです。

もっと洗練されてくると移動平均線いらないっ!ってなるんでしょうけどね笑

初心者の人や経験がまだ浅い人は素直に移動平均線を有効活用していきましょう。

また、短期トレーダーの場合一日の損益目標を立てている方が多いです。

損益目標において大切なことはこちらの記事でご紹介していますので参考にしてみてください。

FX移動平均線の本当の使い方

ここでは、移動平均線の本当の使い方について詳しくご紹介していきます。

移動平均線を使う時のポイントは以下の通りです。

  • エントリー根拠として用いずにあくまで方向性を見る
  • トレンドの強弱を見るのに使用する

エントリー根拠として用いずにあくまで方向性を見る

多くの方が「移動平均線だけで勝てる」とか「移動平均線だけで勝率80%」などの広告や記事を見ることがあると思います。

しかし、実際に使ってみると全く勝てないし嘘の情報だと決めつける人がほとんどでしょう。

実際それらの広告や記事にのっている手法には優位性はもうありません

なぜならみんなその手法を使うことで少数の莫大な資産を持ったトレーダーに対策されているからです。

世に出回っている手法のほとんどは大衆のものです。大衆は基本的に負けます。

この意味が分かると投資がもっと面白くなってくるので考えてみてください。

ヒントは、トレーダーは人をトレードしているということです。

トレンドの強弱を見るのに使用する

トレンドの強弱を見るのに様々なインジケーターやオシレーターがありますが、シンプルで一番わかりやすいのが移動平均線です。

移動平均線を用いることで相場のトレンドの強弱を瞬時に判断します。

実際のチャートを見て違いを確認してみましょう。

トレンド強弱の画像

ぱっと見でわかる上昇トレンドですよね。続いてこちらです。

こちらも上昇トレンドです。みなさんは2つのチャートを比較してみてどちらのほうがこの先も伸びていくチャートだと思いますか?

正解は前者のチャートです。一見後者のチャートのほうが大きく上昇しているからもっと上に伸びるのではないかと思われがちですが実際後者のチャートはその後横ばい(レンジ)になっています。

このように短期的に大きく上昇したトレンドよりもゆっくり長い時間をかけて上昇しているトレンドのほうが信頼度は高いです。

その信頼度を測るために移動平均線を用います。

ろうそく足に対して移動平均線が大きく離れている時、つまり乖離しているときは大きな戻しやだましである可能性があるため見極める必要があります。

FX移動平均線のまとめ

移動平均線の使い方はこの他にも存在しますがまずは今回ご紹介した2つの使い方を試してトレードに励んでみてください。

初心者の方はまず経験をすることです。移動平均線に慣れてから次にステップアップすればよいので焦らず、ひたむきにトレードをしていきましょう

継続は力なりといいますが、投資の世界においては非常に刺さる言葉です。経験を積んで勝てるトレーダーになり、自分の夢を叶えていきましょう!

よろしければ下記のボタンを押していただけると励みになります!